ブロックチェーンでの取組み

ブロックチェーンについて

不確実性の高い新型コロナウイルス(以下コロナ)の感染状況を管理できるシステム「コロナ共生システム(仮)」の設計および、取得特許ではデータ改竄に耐性のあるブロックチーンを採用しております。
特許の内容については、事業内容の特許のリンクからご覧ください。


ブロックチェーン環境

サーバ3台に2台帳を有する、計6台帳構成のブロックチェーン環境を構築し、ブロックチェーンの動作の検証を実施しております。

図をクリックすると大きく表示されます。

イメージ図


ブロックチェーンの使用例

コロナ共生システム(仮)

詳細は特許の「コロナ共生システム(仮)」をご覧ください。